VIO脱毛のTOP >> VIO脱毛のよくある質問 >> VIO脱毛の痛みは?

VIO脱毛の痛みは?

VIOラインの脱毛は、今脱毛の中でも最も注目されています。でも、VIOラインというのはデリケートラインといわれる箇所ですから、脱毛時の痛みが不安という人は多いはずです。実際はどうなんでしょうか?

VIO脱毛では、脱毛方法によって痛みは大きく変わります。脱毛方法に種類があることは知っている人も多いと思います。自宅では、カミソリや毛抜きなどを使ってムダ毛を処理している人もいるでしょう。 しかし、VIOラインはデリケートな部分ですから、自宅での処理は大変危険です。脱毛サロンでするのがおすすめでしょう。

脱毛するときには、エステサロンや脱毛サロン、クリニックなどでやってもらえますが、VIO脱毛に限ってはクリニックはあまりおすすめしません。クリニックで行っている脱毛は、医療レーザー脱毛であることが多いため、出力が高く痛みが大きいからです。

他に、脱毛サロンやエステサロンでやっている脱毛方法には、ニードル脱毛、IPL脱毛、フラッシュ脱毛などがあります。中でも最近の主流になっているのは、IPL脱毛、フラッシュ脱毛と呼ばれる光を使った光脱毛です。光脱毛なら他の部位を脱毛するときには、ほとんど痛みを感じないこともありますので、痛みはこれまでの脱毛の中では最も小さいといえます。

しかし、VIOラインの脱毛をするときは、やはりデリケートゾーンといわれる部分ですから、他の部位と比較するとかなり痛みはあるようです。 VIOラインの痛みが大きくなる原因としては、以下のような理由が挙げられます。
・皮膚が薄い
・毛が太く濃い
・肌の色素が濃い
・骨から近い


これらの理由を見るだけで、なんとなく痛みが激しくなる人もいるはずです。 皮膚が薄いと、神経までの距離が短いことになり、光のエネルギーがはっきりと届いてしまいます。 また、毛が太く濃い場合は、光は黒い色に反応しますから、熱量が大きく伝わって温度が上がりますので、周辺の肌にまでその痛みが伝わります。 肌の色が濃い、黒い場合は、黒い色に反応する光が、肌の色にまで反応して痛みを感じてしまいます。 顔などでもよくわかりますが、骨に近い部分は痛みを感じる部位です。VIOラインでも骨に近い部分は、痛みが大きくなります。
VIO脱毛をするときは、脱毛サロンによっても違いますが、順番はOライン-Vライン-Iライン、Vライン-Oライン-Iラインとなることが多いようです。この中で最も痛みが激しいのがIラインです。VIOラインの中でも、一番デリケートなのがIラインなのです。 Oラインから施術をすると、痛みのレベルを実感していますから、もしこれ以上の痛みには耐えられないと思ったら、この順番でやってもらったら途中で止めることもできますね。


Copyright (C) 2013-2014 VIO脱毛口コミランキング All Rights Reserved.